支払い : 受験・就活・ITいろいろちゃんねる

    支払い

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/07/31(水) 12:05:09.15 IDSyEfnnyh0.rom
    1d116f24.jpg









    【Apple社さん、クレジットカードをリリース 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/08/03(土) 15:09:50.632 ID:7sR2JMip0.rom
    中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも中国メディアの微天下、頭条新聞などさまざまなアカウントが同ニュースを伝え、ネットユーザーから多くの反応が寄せられている。
    コメントには、「開発にたくさん時間とお金をかけたのに、たったの4日間で稼働終了とは」「日本はオタクが喜ぶような技術以外は開発できないのか?」
    「いやいや日本の技術はすごいよ、IT以外なら」「もう、いっそのこと中国や世界で成功している決済サービスをそのまま使ったら?」「中国のIT技術の先進性を再確認した」などがあった。

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-734425/#article
    33459dcd.jpg









    【7pay即サービス終了に中国ネット一同爆笑「日本のIT技術がまさかこのレベルだったとは」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/08/02(金) 12:06:48.070 IDU1qxgmNId.rom
    不正ログイン被害は「システム開発やリスク管理に問題あった」

     今回の事態について、後藤副社長は「7payのシステム開発やセブン&アイグループ全体のリスク管理などに問題があった」と不備を認めた。「複数端末からのログイン対策や二要素認証などの検討が十分ではなく、結果としてリスト型攻撃に対する防衛力を弱めた」という。

    セブン&アイHDは“再チャレンジ”の意向

     体制の不備が続々と明るみに出ているセブン&アイHDだが、当初はキャッシュレス決済サービスをデジタル戦略の大きな柱として位置付けていた。
    7payは失敗に終わったが、今後もこの方向性に変わりはなく、体制を整えてもう一度チャレンジする可能性があるという。

     後藤副社長は「時期や内容は白紙」としながらも、「キャッシュレス化の社会的ニーズは高く、今後もその需要は高まっていく。当社は引き続きキャッシュレスサービスの可能性を探るとともに、快適に買い物ができる環境を整えていく」との意向を語った。

    https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1908/01/news151_2.html
    7f80a160.png









    【セブン社長「7payは運が悪かった。次のpayも既に考えている」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/07/31(水) 14:20:36.87 IDGTsECtsu0.rom
    699bdedf.jpg




    5003db08.jpg









    【ファミペイさん、7payを煽ってしまう… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/08/01(木) 23:03:46.54 ID:bGoQ/SFu9.rom
    セブン&アイ・ホールディングスは8月1日、不正ログインの被害が相次いだモバイル決済サービス「7pay」を9月末で終了すると発表した。同社は同日午後3時から、都内で記者会見を開催。会見内容を一問一答形式でまとめた。

     記者会見には、セブン&アイ・ホールディングスの後藤克弘副社長(兼 セキュリティ対策プロジェクト総責任者)、清水健氏(セキュリティ対策プロジェクト リーダー)、セブン・ペイ奥田裕康取締役、セブン&アイネット・メディア 田口広人社長が登壇した。

    (略)

    ――2要素認証などの検討が十分じゃなかったのは、利便性を優先したためか

    奥田:われわれとしては、利用状況をモニタリングする体制をしっかりできていれば大丈夫という判断だった。

    ――今後のスマートフォン決済に及ぼす影響をどう考えているか

    後藤:スマートフォン決済の信頼性を下げたことは申し訳なく思っている。しかし、今後も需要は増していくはず。さまざまなプレイヤーと連携しながら店頭で使えるようにしていきたい。

    ――なぜ既にある電子マネー「nanaco」を進化させた形にしなかったのか。今後そのような計画はあるか

    後藤:nanacoとは別にコード決済が伸びてくるという見方があり、並行して開発していた。今後nanacoについても検討していきたい。

    (一部抜粋)
    https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1908/01/news108.html
    



 








    【セブンペイ「nanaco版QRコード決済で再挑戦を検討している」 】の続きを読む

    このページのトップヘ