大学入試課 : 受験勉学大学

    大学入試課

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ((φ(・д・。)ホォホォ 投稿日:2016/05/08(日) 12:19:38.51 IDu0tQlfTK.ne
    早慶上位学部の世界史って東進の一問一答の答えの部分(右側のところ)だけ全部覚えたらどのくらい得点できるかな?楽しようとかは思ってないんだけど、他に時間割きたい科目あるからなるべく少ない時間で終わらせたいんだ。
    1d3a802b.jpg










    【早慶上位学部の世界史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ((φ(・д・。)ホォホォ 投稿日:2016/05/07(土) 22:18:02.25 IDFGL9UTJB.ne
    3月から毎日10時間以上やってかれこれ700時間はやってるけど全然成績上がらん
    去年のセンターは
    英語 84
    国語 110
    日本史 30

    んで 今回の河合模試が
    英語 126
    国語 105
    日本史 56

    数学1a 42
    数学2b 24

    何が悲しいって一番やってた英語が8割いかなかったこと
    日本史は通史終わってないだけでやれば伸びる自信ある、実際学んだところは9割取れてた
    数学も10時間はやってて楽しいしできるようになる自信はある
    国語に至っては点数下がってるし
    画像









    【3月から勉強初めた浪人生だが本当に3000時間で旧帝大うかんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ((φ(・д・。)ホォホォ 投稿日:2016/05/07(土) 21:52:23.55 ID:xWc3s9Dm.ne
    気にしているかわいそうなのは以下の大学のひとたち
    国立
    北見工業 室蘭工業 小樽商科 帯広畜産 弘前 岩手 秋田 山形 福島
    茨城 宇都宮 群馬 埼玉
    新潟 富山 福井 山梨 信州 静岡 三重 岐阜 名古屋工業
    滋賀 和歌山 鳥取 島根 山口 愛媛 高知 香川 徳島
    九州工業 長崎 佐賀 大分 宮崎 鹿児島 琉球

    公立
    公立はこだて未来 釧路公立 札幌市立 岩手県立 宮城 秋田県立 高崎経済 前橋工科 埼玉県立 横浜市立
    新潟県立 富山県立 石川県立 福井県立 山梨県立 静岡県立 愛知県立 名古屋市 滋賀県立 京都府立 兵庫県立 奈良県立 鳥取県立 岡山県立 県立広島 山口県立
    高知工科 高知県立 北九州市立 福岡県立 長崎県立 熊本県立 宮崎公立

    私立
    東京理科 上智 明治 立教 青山学院 中央 法政 学習院
    成蹊 成城 明治学院 國學院 武蔵野 日本 東洋 駒澤 専修
    関西学院 関西 同志社 立命館
    芝浦工業 東京都市 東京電機 工学院 大阪工業 愛知工業 金沢工業 千葉工業
    京都産業 近畿 甲南 龍谷
    南山 西南学院
    324ec8bb.jpg










    【「低学歴は学歴のことを気にしない。学歴に気にする奴はこの大学」一覧表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: ((φ(・д・。)ホォホォ 投稿日:2016/05/07(土) 15:57:57.98 IDtWXEbU0B.ne
    単語暗記は楽しかったのに熟語になってならメチャメチャ苦痛になったんだが

    まるで意味の無い羅列文字を無理やり暗記しようとしてる感覚に近い
    333ac9bb.jpg










    【英熟語暗記が死ぬほどつまらない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 名無し((φ(・д・。)ホォホォ 投稿日:2016/05/07(土) 15:05:30.38 IDa1Tea05E.ne
    1浪時一日10時間やってもマーチ
    今3浪だががんばるぜ
    e93fa235.jpg






    【3浪でも早稲田受かれば勝ち組という風潮】の続きを読む

    このページのトップヘ