就職部 : 受験勉学大学

    就職部

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/09/06(木) 21:19:41.78 IDNwyH3vIY0.rom
    どうなん?
    



 











    【大学院でて公務員になるのって変?🤔 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/09/06(木) 00:02:50.16 IDBUwpUw5B.rom
    早稲田行った奴が早慶理系の就職は東大と変わらないって行ってたけどマジ?
    偏差値50ちょいの地方公立から推薦で行ったらしいけど羨ましすぎて死んで欲しい
    



 











    【地底理系と早慶理系ってどっちの方が就職良いの 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/09/03(月) 17:47:25.63 IDxn4iKrLC0.rom
    エンジニアとして三~二流企業で就職するのに必要な資格とか何とればいい?
    


 











    【最終学歴中卒(高認取得)が就職で戦える最低条件 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/09/02(日) 01:20:22.37 ID:CAP_USER9.rom
    就活で苦戦する女子たち メガバンク採用、900人減少
    9/1(土) 20:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000047-asahi-bus_all

     学生優位の「売り手市場」が続く就職活動で、女子が苦戦している。来年春に卒業する大学生の内定率は、女子だけが7月、8月と前年同月を下回った。人工知能(AI)の導入など業務の効率化を進める金融機関などが、女子学生に人気のある一般職の採用を絞ったことが一因ではないか、と専門家はみる。

     就職情報大手リクルートキャリアによると、8月1日の大学生の内定率は男子が89・8%で前年同月を7・7ポイント上回った一方、女子は86・0%で同0・8ポイント減った。女子は7月も前年を2・7ポイント下回る。前年を下回るのは3年前にこの採用日程が始まってから初めてだ。同社就職みらい研究所の増本全・主任研究員によると、女子に人気がある一般職は6月半ば以降に内定を出す企業が多いといい、「メガバンクを中心に一般職の採用が減った影響があるのでは」とみる。

     みずほフィナンシャルグループ(FG)は19年卒の採用計画を700人とし、前年の1365人からほぼ半減。うち一般職は約7割減らした。三菱UFJ、三井住友銀行も一般職を中心に採用を絞り、メガバンク3社で計900人の採用減。あるメガバンク関係者は「銀行業界では業務の自動化や効率化が進んでいる。その分、一般職の採用が減った」と話す。金融業界では、AIの導入も進んでおり、地方銀行や保険業界でも採用人員の削減が広がる可能性がある。
    


 











    【就活で苦戦する女子たち メガバンク採用、900人減少 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/08/28(火) 23:28:02.13 ID:zsuA5bH70 BE:123322212-PLT(13121).rom
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    企業の採用現場で「体育会系」の学生への逆風が吹きはじめた。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は、「原因は日大アメフト部の悪質タックル問題だけではない。
    人事担当者は『体育会系の新人は、体力はあるが、メンタルが弱く、何の予兆もなく会社に来なくなるケースが多い』と口をそろえていて、評価が急落している」という。
    なぜ、体育会系は打たれ弱くなったのか――。

    (中略)

    ストレス耐性の弱い体育会系の学生が増加

    ところが、昨今はそんな体育会系出身でも、ストレス耐性の弱い学生が増えているという。サービス業の人事部長はこう語る。

    「私自身、体育会系の学生というのは、礼儀正しく、根性と体力があって、すぐにチームに溶け込んで仕事ができるというイメージを人事の先輩たちから刷り込まれてきました。
    社会人としての基礎力があり、どこに配属しても務まるという鉄板的な人材という位置づけでした。でも、数年前からそうではない人が増えている。
    配属後に現場の責任者から『なんだ、あいつは全然使えないじゃないか、この前、大声で叱ったら、あれから出て来ないぞ』と言われて驚きました」

    「体力はあるが、心も頭も弱い」「すぐ出社拒否する」

    大手住宅建設メーカーは体育会系出身の採用者が比較的多い。ここでも同じような現象が発生している。人事課長はこう語る。

    「(偏差値)上位校の大学で、しかも体育会の部長をやったという学生を採用しました。ストレス耐性や協調性に加えてリーダーシップという付加価値もあるわけです。
    営業本部長に『体育会系でもリーダーの経験があるいい学生を採りました』と言うと、期待しているよという言葉をもらいましたが、数カ月後、営業本部長から怒りの電話があったのです。
    『彼は君が言った性格と全然違うじゃないか。クライアントにちょっと無理難題を言われただけで、それ以来しょげかえって出社拒否をしているけど、いったいどうなっているんだ』と。
    その後、彼に会って話を聞いたら、体育会の部長といっても誰もやりたくないから彼が推挙されたということでした」

    全文
    https://president.jp/articles/-/26032
    


 











    【人事担当者「最近の体育会系はメンタルが弱い。突然会社に来なくなるケースが多い」 】の続きを読む

    このページのトップヘ