リストラ : 受験・就活・ITいろいろちゃんねる

    リストラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/07/20(土) 21:10:23.98 ID:LKAi7X0g0● BE:151915507-2BP(2000).rom
    sssp://img.5ch.net/ico/odenmen.gif
    みずほフィナンシャルグループが1万9000人の人員削減、
    三井住友フィナンシャルグループは5000人弱相当の業務量削減。

    目を引くメガバンクの合理化計画に一役買っているのが、事務作業をソフトウエアに
    覚えさせて自動化する「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」技術だ。
    業務効率化を加速させる一方、銀行員にとっては個人の能力がより試される時代に入ることになる。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PTYR0R6S972O01
    



 
















    【みずほ銀行19000人リストラ、この人たちって再就職できるの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/04/23(火) 09:00:02.85 ID:YsSvRvcg0 BE:618588461-PLT(35669).rom
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010000-flash-peo

    人手不足が叫ばれるなか、大手企業がいま、「早期希望退職」という名のリストラで、45歳以上の人員整理に走っている。

    「『あなたは残っても仕事がない』と言われた。それなりに貢献してきたと思っていたので、ショックで食事が喉を通らなかった」

    NEC社員のAさん(48歳、SE)が胸中を打ち明ける。傷つけられたプライド、将来への不安……。上司の言葉はあまりにも残酷だった。
    会社人生半ばで突然、退職を迫られるサラリーマンの声が悲痛になるのは、無理もない。


    安易なリストラに走る、経営陣への不信の声は、社員からも聞こえてくる。富士通の50代社員は、こう言った。

    「リストラ以外に方法はないのか、よく検討するべきだ。結局、人を減らして人件費を削減するだけなら、リストラを繰り返すことになるだろう」

    NECの場合、45~50歳で、月収の34カ月分の「割増退職金」が、通常の退職金に上積みされる。割増退職金をもらえるならと、退職に応じる人も多い。
    そして後悔する人も。

    「今となっては、頑として『退職しない』と言い張ればよかった、と後悔している。なにも悪いことをしていないのにクビ切りというのは、本当に酷い仕打ちだと思う」(40代、元富士通社員)

    この社員の声を経営者たちはどう聞くのだろうか。次のページでは、「45歳以上のリストラ」を実施している大企業8社の状況をリストアップする。
    



 











    【日本企業の人手不足、やっぱりデマだった アベノミクス、働き方改革でリストラ爆増 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/04/11(木) 08:56:05.25 IDwVAuQa30.rom
    揃いも揃って大手企業が、45歳以上の従業員をリストラって、偶然じゃないっしょ。働き方改革という名の国策リストラじゃないかと思うわ。
    

 











    【大手企業が45歳以上のリストラって国策じゃね? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/12/27(木) 21:58:28.98 ID:HKnHaQQf0.rom
    AIに仕事を奪われ、リストラされた銀行員「絶望しかない」

     実際、都内在住の吉野武彦さん(仮名・38歳)は“AI”で某大手銀行からクビを切られた一人だ。

    「首都圏を中心に数店舗を渡り歩き、営業成績は良かったほうです。7年前から融資審査部署に配属され、中小企業さんを相手にやっていたのですが……。
    3月のある日、本社の重役クラスが来て『融資審査にAIを導入する』と告げられました。審査は過去のデータを基に、対象企業の資産などの数字を打ちこめば、誰でもできるように。程なく、私の所属部署は解散になりました……」

     吉野氏は派閥争いなどを避けていたこともあり、今年8月にリストラを宣告されてしまう。

    「他にも上司や取引先に強い“コネ”を持ってない人間はクビを切られました。今はネット決済、ネットバンキングの普及で、業界全体的に銀行の店舗は減っています。今後銀行に必要になるのは、窓口の女性だけですかね……」

     吉野氏は必死の転職活動の末、なんとか事務職に就いたものの、年収700万円から3割減。新しい職場でも、AI化の恐怖がつきまとい、安心できないと嘆く。

    https://web.smartnews.com/articles/fuC3EPe4T88
    






 











    【銀行員「AIに仕事奪われて銀行クビになったんよ...年収700万だったのに3割減ったんよ...」 】の続きを読む

    このページのトップヘ