共通テスト : 受験・就活・ITいろいろちゃんねる

    共通テスト

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2020/11/22(日) 14:16:58.81 IDoRVrsAb39.rom

    Sankei Biz
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/201120/eci2011200151001-n1.htm
    2020.11.22 08:30

     大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テスト。全教科で図表を読み解く出題が増えるなど形式の変更が予想されており、たとえば英語ではセンター試験でリーディング(読む)に比べ、配点が低かったリスニング(聞く)が、大学入学共通テストでは同等の配点となっている。受験生にとっては過去の問題で傾向がつかめた昨年度と比べて対策が取りにくい状況だ。

    「リスニングのマークに時間がかかった」「本当に難しかった」

    10月25日、高校1、2年生を対象に行われた河合塾の模試「大学入学共通テストトライアル」の終了後にオンラインで行われた英語講師のライブ講演。新形式に即した出題に初めて接した高校生から戸惑いのコメントが相次ぐと、講師は「焦らなくていい」と呼びかけた。

     この模試の申込者数は約9万4千人で、昨年、同じく高校1、2年生を対象にしたセンター試験模試の約1・5倍に。今年は自宅からのオンライン受験を可能にするなど形式が変わった影響もあるが、間近に迫った大学入学共通テストへの関心の高さを示した。

     高校3年生にとっては本番は目の前だ。「河合塾」進学教育事業本部の船津昌己副本部長(58)は「この学年は出題形式の変更やコロ助による臨時休校などがあって本当に大変だったが、それは他の受験生も同じ。新形式を予想した模試や問題集で傾向をしっかりおさえ、本番に臨んでほしい」と話した。

     大学入学共通テストでは「思考力・判断力・表現力」が一層問われる出題が予告されており、平均点が下がるとの推測がある。船津さんは「一つ一つの問題が難しくなることはないが、英数国では問題文が増える。時間配分に注意が必要だ」という。

    たとえば英語のリーディングでは、センター試験では発音やアクセント、語彙のみを問う出題があったが、今回からはすべてが読解問題形式に。このため、読まなければならない英文量が増える見込みだ。リスニングも、これまですべての問題文が2回読まれていたが、大学入学共通テストでは1回しか読まれない問題も。それでも時間は変わらず、必然的に問題の量が増えそうだ。

     国語は現代文2題、古文と漢文各1題という出題は従来通りとみられるが、複数の文章や図、表などが示され、それらを関連付けて読む設問が予想されている。今回のトライアル模試では、現代文では2つの小説を読み比べなければならない問題の正答率が30%程度と低く、船津さんは「形式に慣れておく必要がある」と指摘する。

     数学で予想されるのが、問題文に2人の生徒が登場し、2人の会話中の空欄に入る数字や言葉を選択肢から選ぶ出題形式だ。この形式はほかの教科でも増えそうで、船津さんは「解答に必要のない会話をじっくり読んでいると時間が足りなくなる。出題の意図を素早く読み取って」と注意を促している。

    <大学入学共通テスト> 前年度までの大学入試センター試験の後継として、令和3年1月16、17日に初めて実施される。改革の目玉とされた英語民間資格試験の導入は地域格差や経済格差の影響を解消できないなどとして延期され、もう一つの特徴だった数学・国語の記述式導入も、採点の公平性などへの懸念が高まり見送られた。新型コロ助ウイルスの影響で学業の遅れがある現役生向けの第2日程は1月30、31日。体調不良などで欠席した場合、第1日程を受験するはずだった場合は第2日程を、第2日程なら2月13、14日の特例追試験を受ける。
    



 



    【初めて実施の大学入学共通テスト 新形式は「時間との闘い」か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2020/11/21(土) 05:23:02.92 ID:uP7J8esw9.rom

    大学共通テスト、マスク着用しないと受験できず…フェースシールドのみは不可 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20201121-OYT1T50006/

    2020/11/21 00:11

    大学入試センターは20日、来年1月に実施する「大学入学共通テスト」の受験上の注意事項を公表した。新型コロ助ウイルスの感染予防対策として、受験生に試験場内で常にマスクを正しく着用することを求め、フェースシールドやマウスシールドの着用のみでは受験できないと明記した。

    受験生には、マスクの常時着用と予備を含めたマスクの持参を求めた。感覚過敏などで着用が難しい場合は事前申請が必要となる。マスクを着用せずに受験はできず、追試験での対応となるとした。

    また、試験の7日程度前から毎朝体温を測り、味覚や嗅覚などのチェックを含めた健康観察記録をつけることも求める。さらに、感染が拡大している地域では2週間程度前からの実施を促し、無症状の濃厚接触者が受験できる4要件なども盛り込んだ。


    ※関連リンク
    新型コロ助 | 大学入試センター
    2020.11.20共通テスト「受験上の注意」を掲載いたしました
    https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/shiken_jouhou/coronavirus.html
    



 


























    【大学共通テスト、マスク着用しないと受験できず…フェースシールドのみは不可】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2020/06/22(月) 22:47:38.03 IDCGtE09o3.rom

    文部科学省は6月19日、センター試験に代わって初めて行われる「大学入学共通テスト」について、来年1月16日・17日を『第1日程』、2週間後の1月30日・31日を『第2日程』(兼・第1日程の追試)とすることを決めました。第2日程は、休校で学習が遅れた生徒が受験できますが、“浪人生は対象外”です。第2日程の追試は2月13日・14日となっています。

    https://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20200622/GE00033572.shtml

    確かにこれが妥当かな
    



 


























    【大学入試『共通テストに第2日程』2週間の猶予…“浪人生は対象外”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/11/13(水) 16:57:15.57 IDxJ/dwOMb.rom
    公正、公平な採点は可能となるのでしょうか。「大学入学共通テスト」の記述式問題の採点を行うベネッセの関連会社は採点ミスを防ぐため、設問ごとにアルバイトの学生などを3人以上割り当てて行うと公表しました。

    センター試験に代わる「大学入学共通テスト」は再来年1月に実施され、初めて国語と数学に導入される記述式問題の採点はベネッセの関連会社「学力評価研究機構」に委託されます。

    しかし、民間事業者に公正、公平な採点業務が行えるのかという指摘が相次ぎ、この関連会社は採点の方針をホームページ上で公表しました。

    この中では、模擬試験などで年間3000万枚の採点を行うなど、会社には採点業務のノウハウがあるとしています。そして、共通テストでは、設問ごとにアルバイトの学生などを3人以上割り当てることで、採点ミスが起きないように取り組むとしています。

    この関連会社については大学入試センターから問題と正答例が試験を実施する前に知らされる仕組みになっていることが明らかになり、入試の専門家から問題の漏えいにつながらないかと懸念する声が上がっていました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/k10012175061000.html
    



 
















    【【共通テスト】 ベネッセ「記述問題の採点はアルバイト学生3人を割り当てる」「採点ミスはおきない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/09/10(火) 20:44:52.07 ID:fRkeHsNE9.rom
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190910/k10012074321000.html

    「大学入学共通テスト」英語民間試験 高校側が異例の申し入れ
    2019年9月10日 19時17分教育

    来年4月に始まる「大学入学共通テスト」の英語の民間試験について、高校の校長で作る団体は、試験が公正公平に行われるか懸念があるとして、文部科学省に実施の延期を含めて見直すよう異例の申し入れをしました。

    申し入れをしたのは「全国高等学校長協会」で、10日、文部科学省を訪れて要望書を提出しました。

    この中では、来年4月に始まる英語の民間試験について、全国の高校470校にアンケート調査した結果、「実施を延期すべき」という回答が7割近くに上ったと指摘しています。

    さらに、試験が実施される日時や場所などの情報が、十分知らされていないことなどから、試験が公正公平に行われるか、懸念があるとしています。

    異例の申し入れをしたことについて、文部科学省は「課題を解決できるよう努め、実施に向けて進めていきたい」としていますが、全国高等学校長協会の萩原聡会長は「実施が迫るなか、現場の不安は解消されない。民間事業者に任せる形で本当にうまくいくのかいったん立ち止まり見直してほしい」と話していました。


    



 
















    【【「大学入学共通テスト」英語民間試験】高校側が異例の申し入れ 文科省 】の続きを読む

    このページのトップヘ