大学無償化 : 受験・就活・ITいろいろちゃんねる

    大学無償化

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/09/22(日) 17:24:02.89 IDcoRxlkS7M.rom
    国立大学費 新制度で2.4万人支援額縮小
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-09-21/2019092102_01_1.html
    来年4月から導入される低所得世帯を対象とした高等教育の修学支援制度では、現行の国立大の授業料免除や減額の対象になっていた学部生の半数以上にあたる2万4千人が、
    支援が受けられなくなったり、支援額が減少することが20日、文部科学省の調査でわかりました。

    国立大の授業料の減免制度は中所得世帯も対象にしていますが、新制度では住民税非課税世帯とそれに準じる世帯に限られるためです。
    文科省は2020年度の新入生からは学部生の定員に応じて授業料を減免するための予算を廃止する方針であることを初めて明言しました。

    文科省の調査によると、現行で授業料が全額または一部免除されている国立大学学部生は4万5千人。このうち新制度の導入で同額以上の支援が受けられるのは2万1千人のみです。
    1万1千人の支援額が減少し、1万3千人は支援が受けられなくなります。
    現在、授業料の減額や免除を受けている学部生については「各大学の対応をふまえて、何らかの配慮ができないか検討する」(文科省)としています。

    大学院生については、新制度の対象外のため、現行制度を維持する方針です。
    日本共産党の畑野君枝衆院議員は同日、国会内で同省の淵上孝国立大学法人支援課長に「現行の免除制度を廃止することは国会で明言していない。
    現行の免除制度への予算を維持すべきだ」と要望しました。
    



 
















    【新導入の大学無償化制度、国立の無償化対象が1万人以上減ってしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/09/20(金) 22:55:32.24 IDiKbSWlD/.rom
    大学無償化 対象校1043校認定 来年4月から 文科省


    所得の低い世帯を対象に来年4月から始まる大学など高等教育の無償化に向け、文部科学省は対象となる大学や短大の1043校を認定し公表しました。
    高等教育の無償化は、所得の低い世帯の大学などへの進学率が低いことから、消費税率の引き上げ分の一部を財源に、来年4月から導入される制度です。

    文科省は、審査を進めた結果、大学と短大の97.1%にあたる1043校を対象校と認定し20日公表しました。

    制度には、所得の低い世帯、具体的には夫婦と子ども2人で、世帯年収およそ380万円未満が対象となり、入学金や授業料が減免されます。

    国は最大75万人を見込み、返す必要がない給付型の奨学金と合わせて費用は最大7600億円になると試算しています。

    この制度には格差の解消につながるとする声がある一方、学生でなく経営の苦しい私立への救援策につながるのではないかという批判もあります。

    文部科学省の萩生田大臣は会見で「学生に多様な選択肢を示すことができた。公費を入れるためのハードルをクリアしたところに限っている経営困難な学校の存続ツールになってはいけないと考えている」と話しました。

    対象校については文科省のホームページで確認できるということです。


    ‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190920/k10012091901000.html‬
    



 
















    【【来年4月】大学無償化キター!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 19/09/11(水)02:17:37 IDJrK.rom
    凄いよな
    



 
















    【大学無償化って普通に神制度ちゃう?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/09/10(火) 00:03:10.64 IDBMk5c+vb.rom
    哀しいなぁ
    



 
















    【親ナマポのワイ、大学無償化対象外だと判明 】の続きを読む

    このページのトップヘ