学費 : 受験・就職・社会いろいろちゃんねる

    学費

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/06/07(金) 23:08:00.01 IDadV1jPJl.rom
    千葉大学は授業料を年額64万2960円にすると発表した。同大は来年度以降の全入学者に、最大2カ月程度の海外留学を義務づける予定で、その原資にあてるという。
     国立大学は04年に法人化されてから、授業料の据え置きが続いていた。東京工業大と東京芸術大が今年から約10万円値上げしており、千葉大はそれに続く動きとなる。
    まじかよ 逆効果だろ
    
 











    【千葉大、授業料10万円値上げ 全員を留学させる費用に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) .rom
    今二年だから国立目指してるんだけど私立高すぎるだろww
    
 











    【私立理系の学費高すぎて草 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/06/01(土) 17:30:07.93 IDvwsM41K0.rom
    現行の中間所得層に対する授業料減免が縮小するのではないかとの懸念が出ている。

    文科相は「新制度では対象とならない学生も生じ得る」と答弁。

    「財務省は今までの減免措置が『やり過ぎだった』との立場だ」といい、新たな予算化には反対するだろうとの見方がある。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051001317&g=soc

    消費税10%引き上げ分の見返りとして政府が来年度から実施する大学無償化法案.すでに5月10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決した.

    その実態は優秀な東大生や国立大生をむしろ有償化することで得た金を,馬鹿な私立大生や短期大学,専門学校生にバラまくことによって「実務家」「産業界出身者」を天下りさせるための餌に他ならない.
    





 











    【来年からFラン大は無償化、東大・国立大は有償化。財務省「今まで国立大にやりすぎだった」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/05/26(日) 01:29:58.46 IDKQR9JYMH.rom
    https://www.waseda.jp/top/about/disclosure/entrance-fee

    これ見ると初年度だけじゃなく毎年170万なんですが嘘ですよね?
    誰か解説頼む
    





 











    【早稲田理工の学費が年間170万ってマジですか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/05/10(金) 17:53:54.26 ID:jc0iPBlZ.rom
    大学無償化法が成立20年度施行 低所得世帯が対象
    5/10(金) 12:01配信

    低所得世帯の学生を対象に大学など高等教育機関の無償化を図る新法が10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。2020年4月に施行される予定で、文部科学省は対象となる学生や大学などの確認作業を急ぐ。

     文科省によると、国や自治体が学生の授業料や入学金を減免するほか、生活費などに充当できる返済不要の「給付型奨学金」を支給する。
    対象は住民税非課税世帯を基本とし、夫婦と子ども2人(1人が大学生)の家庭の場合、年収270万円未満が目安。年収380万円未満であれば3分の1~3分の2の額を支援する。

     高校卒業から2年を過ぎた学生は、対象外となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000095-kyodonews-soci
    




 











    【大学無償化法が成立 】の続きを読む

    このページのトップヘ