就活 : 受験勉学大学

    就活

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/30(月)08:55:11 IDw11.rom
    もう一度センター試験やれば?
      











    【就活で学歴フィルター使うくらいなら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/29(日) 17:58:41.05 ID:CAP_USER.rom
    PRESIDENT Online 2018.4.28
    http://president.jp/articles/-/25042


     企業の採用選考、いわゆる「就活」が長期化している。経団連は是正のために「指針」を公表したが、
    ルール破りが横行している。同志社大学大学院の加登豊教授は「現在の就活は学生・大学・企業という
    3者すべてにマイナスで、日本の競争力を削ぐものになっている。このままでいいわけがない」
    と警鐘を鳴らす――。


    9割の企業が指針は守られていないと回答

    今回の一穴:リクルータに入社後数年の若手社員を活用している

     街でリクルートスーツ姿の学生を見かけるたびに、大学教育に従事している私は悲しい気持ちになる。
    今や、大学は、就職予備校となっていることを痛感するからである。

     一般社団法人日本経済団体連合会(以下、経団連と略記する)は、2018年4月10日、年度入社対象者の
    「採用選考に関する指針」(以下、「指針」と略記する)および「『採用選考に関する指針』の手引き」
    (以下、「手引き」と略記する)を公表した。

     これらによれば、2017年度および2018年度と同様、広報活動の開始は2018年3月1日以降、選考活動開始は
    6月1日以降、内定日は、10月1日以降と定めている。

     企業の採用活動の実情に照らして「指針」を読むと、「指針」は欺瞞にみち、有名無実化していることが
    よくわかる。ルールはまったく守られていないのである。経団連が自ら行った調査では2016年4月入社の就職活動
    (この時は、8月1日が選考活動の解禁日とされていた)において、実に87.5%の回答企業が指針は
    ほとんど守られていないと回答している。内定解禁日前に内定を出している割合は約5割もある
    (リクルートキャリア調べ)。このような状況は、現在も継続していると思われる。


    (中略)


     現在の求職活動は、間違いなく学生にとって不幸な仕組みの上で行われているのである。

     以上、見てきたことからも明らかなように、採用選考活動は「三方悪し」の仕組みのもとで行われている。
    昔がよかったというわけではないが、採用開始日は10月1日。そして、ほぼ2週間で採用活動は終了していた。
    このころには、現在のような多種多様な活動はほとんど存在しなかった。それにもかかわらず、
    大きな問題はなかったことを考えてほしい。

     折しも、経団連自らから見直しの機運が高まっている。それは、オリンピック開催時期に採用活動が重なるという、
    まったく意味不明な理由によると言われている。

     小手先の改善で現状を打破することとできないだろう。一旦すべてを白紙状態に戻し、企業、大学、求職者にとって
    「三方良し」の仕組みを模索することから始めることが必要だ。「三方悪し」の現状は、日本企業の力を、
    緩やかだが確実に衰えさせている。


    (全文は記事元参照。全4ページ)
      











    【【PRESIDENT】日本の就活が「害悪」といえる3つの論点 すべてが壮大な無駄になっている 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/27(金) 21:31:12.88 IDwzMjtryw.rom
    パナソニック 関西電力 大阪ガス 高島屋
    大和ハウス工業 双日 オムロン キヤノン
    ニトリ 帝人 JTB関西 村田製作所 きんでん
    サントリー 積水ハウス 伊藤忠丸紅鉄鋼

    どや?面接までは行けると思うが
    受サロ民の意見聞かせてくれ
      











    【関大2年文系やが受ける企業決めたでwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/26(木) 17:43:59.93 ID:CAP_USER9.rom
    日本経済新聞 2018/4/26 16:49

    リクルートホールディングス傘下のリクルートワークス研究所(東京・中央)が26日発表した2019年春卒業予定の大学生の求人倍率は1.88倍と前年より0.1ポイント上昇した。
    7年連続の上昇。全国の民間企業の求人総数が81万3500人と、前年から5万8000人増えたのに対して、民間企業への就職を希望する学生は43万2000人で微増だった。学生優位の売り手市場を裏付けた。

    求人倍率を企業規模別に見ると、従業員数が5000人以上の企業では求人総数が5.1%増の5万1400人だったのに対し、就職希望者は13万8000人で11.8%増加した。求人倍率は0.02ポイント低い0.37倍だった。

    就活生の大手志向を受けて、中小企業の採用は一段と苦しくなっている。300人未満の中小企業では求人数が8.8%増と大幅に高まったが、就職希望者は29.2%減り、求人倍率は3.46ポイント上昇の9.91倍。
    リーマン・ショックの影響が表れる直前で、比較可能な10年春卒(8.43倍)を上回る、過去最高の水準だ。

    同日、記者会見したリクルートワークス研究所の古屋星斗研究員は「大手に入社した先輩の実績を見て期待を高める学生が増えている」としたうえで、「大手企業だけが買い手市場になっている」と分析する。

    業種別では流通業が前年から1.25ポイント上昇の12.57倍、建設業は0.14ポイント上昇の9.55倍だった。建設は東京五輪や都市開発で需要が高まる一方で、技能をもつ人材の採用に苦戦している。
    古屋氏は「労働環境に対する学生の意識が高まり、業種ごとの倍率の差が大きい」と見方を示した。

    金融業の求人総数は1万900人と前年と横ばい。銀行の採用抑制分は保険業界の営業職の採用増で相殺された。ただ金融を希望する学生は9.8%減。
    フィンテックやRPAの活用により、銀行などの業態は転換期に差しかかっており「もともと安定志向の学生が集まる業界だったが、そういった学生が別の業界に流れている」(古屋氏)という。

    企業の学生囲い込み競争は激化している





    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29878480W8A420C1XXA000/?nf=1









    【【就活】来春の新卒求人倍率、1.88倍 7年連続上昇 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/27(金) 13:35:31.17 IDSWAKXH7h0.rom
    「出世力ではそいつらをも凌駕しまーす」



    コスパ最強やなココ












    【慶應大経済「入試難易度は地方帝国大レベルだけど就活では東京大や一橋大と並びまーすw」 】の続きを読む

    このページのトップヘ