就職氷河期 : 受験勉学大学

    就職氷河期

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/05/20(月) 22:09:22.72 ID:xdRcRfZC0 BE:837857943-PLT(16930).rom
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    バブル崩壊後の「就職氷河期」に高校や大学を卒業した世代で、90万人を超える人が今も安定した仕事に就かないでいる。
    失業率が歴史的に低い水準にもかかわらず、35~44歳のフリーターと無業者は15年前の同年齢層より6割も多い。
    社会保障費が膨らむ恐れもあり、政府は今後3年間を集中期間として就労支援に取り組む。

    「3年後には正社員として働き、親を安心させたい」「10年後には管理職になって家庭を持ちたい」――。4月下旬、都内の飯田橋駅から
    徒歩5分のビル。正社員の就職を目指す30~40代の男女約20人が集まり、職業訓練を受けながら将来の人生設計を語り合った。

    東京しごと塾に来る人々の年代は、安定した仕事に就いていない人が多い。2018年時点で35~44歳のフリーターは52万人、
    専業主婦らを含まない無業者は40万人に達した。03年の同じ年齢層に比べ、それぞれ1.8倍と1.4倍という急増ぶりで、
    合計すると35~44歳の全人口の5%を超える。

    個人の考え方や事情でフリーターを選ぶ人なども多いが、構造的な要因がある。

    35~44歳はバブル崩壊や金融システム不安を受け、企業が新卒採用を絞った1993~04年に高校や大学を出た「氷河期世代」の中心。
    もともと人口も多く、00年の12万人をピークに就職未定の卒業者を大量に出した。

    卒業時に就職できなかった人には、その後も新卒中心の採用慣行が続く不幸が重なった。みずほ総合研究所の岡田豊主任研究員は
    「アルバイトや希望に合わない職種を転々とし、能力開発の機会が少なかった人が多い」と話す。玄田有史・東大教授によると、
    02年時点で職に就いていなかった氷河期世代の4割が15年時点でも無職だった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44997380Z10C19A5SHA000/?n_cid=NMAIL007
    




 


    




 











    【バブル崩壊後の「就職氷河期」 職なお不安定 無業・フリーター90万人 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/05/13(月) 22:47:38.21 O.rom
    実際
    




 











    【結局史上最凶の就職氷河期世代って「95卒」で良いの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2019/03/29(金) 18:59:10.94 IDzVhYLVK10NIKU.rom
    大企業の新卒募集人数がリーマンショック時の1/3wwwww
    公務員の倍率が150倍以上wwwww
    
 











    【【景気】2000年前後の超就職氷河期【就活】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1(:.;゚;Д;゚;.:) 2018/05/07(月) 13:14:52.73 ID: ID:7EN+ZtOz0.net




    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180507/k10011429121000.html

    ・何十件も面接行っては落ちて、うつ・自殺する人がおおかった
    ・やむなくブラック企業に就職するも1日15時間程度働かされて
     家に帰れずネットカフェで寝てる奴がいた













      【「就職氷河期」の思い出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (:.;゚;Д;゚;.:) 2018/04/21(土) 19:05:53.11 ID:CAP_USER.rom
    社会に出るころには世の中は不況で、「就職氷河期」まで始まってしまう。格差や貧困といった問題にも直面した。「失われた世代」を意味する「ロスジェネ」と言われる人たちだ。生きづらい青年期を生き、今は三十代後半から四十代。逆襲に転じた人もできない人もいるだろう。一九八〇年生まれだから、プロ野球中日の松坂大輔投手も、世代としてはここに属する▼十九日の阪神戦で、久しぶりの勝利は逃した。しかし、123球を投げ抜いて、7回を2失点。右肩のけがなどを乗り越えて、復活を目指す三十七歳の投球に、予想以上の力と気迫を感じた人は多いのではないか▼「松坂世代」という言葉がある。松坂投手を筆頭とする同学年に現れた逸材たちを言う。だが、その多くが引退し、意味合いは変わってきた。今ではけがや体力的な衰えと闘いながら、踏ん張る同世代のベテランたちのことだろう▼松坂投手も怪物といわれた時代の剛速球はない。現実を受け入れつつ、持っているスピードときれと配球で勝負を挑む▼ネット上には、ひいきの球団を超えた同世代の言葉が、並んでいた。「私たちの誇り」「感動が止まらない」「若いやつに譲れるか」。生きづらい時代を乗り越えてきた人たちの歩みを思った▼勝利はかつてほど簡単でないのは確かだ。その分、同世代ならずとも、感情移入できる復活劇ではないか。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2018042102000134.html
        











    【【社説】社会に出るころには世の中は不況で、「就職氷河期」まで始まってしまう。 】の続きを読む

    このページのトップヘ