教養学科 : 受験勉学大学

    教養学科

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (;´Д`) 2016/10/02 17:00:50.594 ID:T3x91s/R0.net
    何でもいいぞ

    1402b50b.jpg











    【何でもいいから役に立ちそうな画像貼ってくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (;´Д`) 2016/09/16(金)14:20:36 ID0US.rom
    戦国無双の風魔EDで家康に「歴史はお前が造れ」といったことやね
    全て捏造説も捨てきれないと思ったわ
    877bd2b7.png













    【ゲームから学んだこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (;´Д`) 2016/09/22(木) 10:38:34.32 ID:UCgE/YfI0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典.rom
    漫画・アニメを見ていて、作者やキャラクターの哲学が垣間見えるときってありますよね。ときには、人生で大切にしておきたい、教訓を学べることもあるでしょう。
    そこで今回は、「漫画・アニメから学んだ人生の教訓」というテーマで大学生を対象にアンケートを実施しました。

    ●ONE PIECE
    ・「仲間は大事」ということと「男気」を学んだ(女性/22歳/大学4年生)
    ・仲間を大切にすることを学んだ(女性/21歳/大学2年生)

    ●黒子のバスケ
    ・黒子が最後まで足掻いていたシーンで、諦めないことの大切さを学んだ(男性/23歳/大学4年生)
    ・黄瀬くんが足を痛めながらも、今いかないと絶対後悔するといっていたシーンが好き(女性/20歳/大学2年生)

    ●銀魂
    ・ツッコミの大切さを学んだ(男性/21歳/大学4年生)

    ●スラムダンク
    ・諦めちゃだめと感じられたから(男性/19歳/大学1年生)
    ・諦めない心を学んだ(女性/22歳/大学4年生)

    ●NARUTO
    ・諦めない心(男性/19歳/大学1年生)

    ●その他
    ・鋼の錬金術士。ありえないことはありえないことを学んだ(女性/22歳/大学院生)
    ・ドラゴン桜。勉強はやり方と情熱だ(女性/20歳/大学3年生)
    ・ブラックジャック。空と海と大自然の美しさがわからんやつは、生きる価値がないということ(男性/22歳/大学3年生)
    ・ちはやふる。本当に成功するのは得意が霞むほど苦手をなくすことだと学んだ(女性/20歳/大学1年生)

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/40898
    no-title












    【人生の教科書になる漫画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (;´Д`) 2016/09/16(金) 13:58:37.70 ID0ur2f5Qi0.rom
    ●迷惑だと思いつつ、電車のなかでやるNG行為TOP10

    (全13項目から上位3項目を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計)

    1位 ドア付近のポジションを死守する 235pt
    2位 優先席付近で携帯電話やスマホを操作する 154pt
    3位 座席で足を組む 118pt
    4位 降車する人の流れをかき分けて乗車する 114pt
    5位 空席が多いときに隣の座席にカバンなどを置く 108pt
    no-title












    【電車のなかでやるNG行為TOP10wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: (;´Д`) 2016/09/13(火)20:05:09 ID22W.rom
    ふくろうのまぶたは3つある
    no-title












    【知識・雑学を披露してへぇ~と思ったら寝るスレ】の続きを読む

    このページのトップヘ